読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年春アニメ第二週所感

桜も散り始めるところが増えてきましたね。

京都の観光客も減ってくれると良いのですが。

今週も先週に引き続いて新アニメが複数放送され、いよいよ出揃ってきた次第です。

二話以降のものも放送されており、既に切る作品を決めている方もいるのではないでしょうか。

という訳で今週も私感を述べさせていただきます。

※ ネタバレを多少含みます

 

 

コンクリート・レボルティオ 超人幻想 -THE LAST SONG- (ボンズ)

待っていたぞコンレボ!! 2015年秋アニメの二期ですが私はこの作品が狂おしいほど好きでたまらないんですよね。まだ観ていないそこの貴方、絶対に損はしないので是非一期から観てください。ここまでよく練られ、思想を込め、丁寧に作り上げられた作品はそう多くあるものではありません。

戦後学生運動期の社会風刺と共に、正義とは何か、人間とは社会とはどうあるべきなのかを背景に仕込み、巧妙にその思想を表した素晴らしい作品。レトロな雰囲気と独特なタッチの作風、そしてよく描き込まれたエフェクトなども相まって、ボンズの中でもかなり異色の作品に仕上がっているが、逆にその良さが際立っていると言える。

二期第一話も、正義を追い求めて矛盾を受け入れられなかった刑事の姿とその言葉が、正義とは何かについて改めて考えさせられるよう構成されており、非常に見ごたえがあった。本当に素晴らしいです。視聴確定! みんなも観よう!

 

文豪ストレイドッグス (ボンズ)

キャプテンアースやスタドラで監督を務めた五十嵐卓哉と同じく脚本を務めた榎戸洋司のタッグをそのまま持ってきたボンズアニメ。今期はコンレボもヒーローアカデミアもあるけど大丈夫ですかね。しかしそんな心配はぶっ飛ぶくらいの良クオリティ。さすが俺たちのボンズ。演出の古臭さが多少鼻には付くけれど、十分許容しうる程度で観ていて心地良い。

第一話は目の演出というか描き分けがかなり凝っていて好き。初っ端のぎょろりと動く目の表現は、よく使われている手法ながらも見ごたえがあるつくりになっていて面白い。少しだけあったアクションも、虎の動きが非常にリアルで拘っているんだなというのがよく解る出来でした。

今後どうなっていくのかが楽しみな一作。視聴確定!

 

はいふり 改め ハイスクールフリート (プロダクションアイムズ)

公開前CMの作り方からは想像も出来なかった内容で、意外性としては今期一。原案は様々な軍事モノなどの考証を手がけておられる鈴木貴昭。個人的に好きな複数作品で考証を担当されていたので今後の展開に期待大。シリーズ構成・脚本の吉田玲子はガルパンでシリーズ構成・脚本を担当されていた方。監督に関してはよく知らないのでなんとも言えないが、今後に期待出来る作品。

第一話の感想としては、意外性とマーケティングの上手さを感じ、今後への期待を抱かせる作りで非常に好印象。ただ、個人的に演出というかセリフ回しがあまり好みではなかったかな。 作画的にもよく動いていて、少し浮遊感のある作画が印象的。視聴確定!

 

ふらいんぐうぃっち (J.C.STAFF)

観た瞬間震えたよね。「これだよ!」って叫びかけました。スタッフさんはダンまちでたまにお名前をお見かけした面々という感じですが、このようなものを作っていただきどうもありがとうございます。私の趣味にドストライクな日常系ふわふわアニメ。美監の奥村泰浩さんは経歴を見るにダンまちで美監補佐をされていただけという事で、それであれだけの背景を構成されたのかと思うと感服です。

雰囲気作りが素晴らしく、自然豊かな東北の地で巻き起こる様々な出来事が、柔らかい空気によって上手く調整され、観ているこっちまで暖かい気持ちになれるようなそんな印象。完全に好みバイアスがかかっているけれど、それでも良いアニメである事には変わりない。

のんのんびよりよつばとが好きな諸兄には是非観ていただきたい作品です。視聴確定!

 

三者三葉 (動画工房)

めっちゃヌルヌル動くね。すごい。監督の木村泰大さんは今回が初監督作品になるのかな? いろんな作品でちょこちょこ演出や絵コンテをされてた方。GJ部のシリーズ構成をされてた子安秀明さんがついてるから安心だね。ほんまか?

とにかく一話は動く動く。女の子の可愛いが盛り沢山な内容で、それを目当てに観るならかな~り良い作品。走っているときの上半身の動きは一見の価値有り。拘ってるなというのがよく解りました。

背景も地味に凝っていて、気付いた方も多いと思いますが単なる桜ではなく葉桜にする事で、単純な演出上の美しさだけではなく時期を推察出来る上手いつくりになっているなという感じ。

これからの展開や最終話まで作画がもつのかなど、楽しみにさせていただきます。視聴確定!

 

ばくおん!! (トムス・エンターテイメント)

音が良いっすねえ。バイクに乗りたくなる良いアニメ。バイク部長を観た瞬間になんとなくローリングガールズの三重モータースを思い出したのは私だけじゃないはず。監督の西村純二はアニメ界の大御所で、ゴッドマーズの演出もしてたってすごくない? 美術監督は吉原俊一郎。私結構好きなんですよ、吉原雲。

第一話の印象としては「バイクの作画書きこんでんな~」という感じ。正直なところストーリーやその辺は勢いで押し切られた印象で、そのくらいしか頭に浮かんでこなかった。第一話だしね、仕方ないね。やはり昭和のノリというかそういう感じはもちろんあるけれど、ちゃんと作られた作品だと思います。何も言う事が無いからそう言ってる訳じゃなくて、やっぱり「普通に」「ちゃんと」作られた作品もそれはそれで価値ある事。

この先も勢いを見せつけ続けていただきたいところ。視聴継続。

 

あんハピ♪ (SILVER LINK.)

可愛い女の子の日常を描く事に定評のあるSILVER LINK.が制作する今期のきらら枠その2。監督はココロコネクト、のうりん、プリズマイリヤを手がけた大沼心が務め、作監GJ部などでキャラデを手がけた大島美和が務めている。こんなもん、女の子が可愛く描かれないはずがなかろうよ。

実際女の子は可愛いし可愛い女の子たちが明るく楽しい30分を魅せてくれた。しかし中身はというと、正直あまりない。まあ最初一二話は女の子たちのキャラ付けを行うところから入るわけだし仕方ない。

個人的には絵本のような背景とパステルな色合い、そして何よりOPを含めた音楽が非常に好き。女の子たちの日常に華やかな色を添える効果は絶大。雰囲気作りにかなり力を入れた作品という印象。視聴はとりあえず5話まで観てから判断という感じ。

 

ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? (project No.9)

project No.9さんこういうの多いっすね。ネトゲ世界のギルドメンバーとオフ会したら自分以外女の子だったというお話。以上! おしまい! いやほんとに第一話はその程度しか内容がなかったから。監督の柳伸亮さんは元作画畑の人っぽい。

第一話を観た感想はとにかく高校生オタクのキツさというか、オタク特有の痛さが全面に出ていたなあという感じ。それ以外は特に無いです。一応5話までは観るけどその先視聴するかはわからない。以上。

 

パンでPeace! (旭プロダクション)

3分アニメとしては上々のクオリティ。制作の旭プロダクションは最近は撮影や下請けがメインの会社なんだけど、ひめゴトみたいなニッチだけど良い作品を作る会社という印象。今回のパンでPeace!もそのひとつになってほしいという期待がある。初回から濃厚な百合を感じられたのは大きい。頑張ってください!

 

ワガママハイスペック (AXsiZ)

あの、AXsiZさんはそろそろHPのデザイン変えたほうが良いっすよ。それはさておき、私はこのアニメ結構好き。何が好きってバカなものをまともに作ってるのがとても好き。とにかく3分間何も考えずにビールでも飲みながら観るのが正解。AXsiZは可愛い女の子書くのが意外と上手い印象がある。まじもじるるもとかさばげぶ!とかハローきんもざとか。3分間という短さの割には良アニメ。ただし人を選ぶ。

 

宇宙パトロールルル子 (TRIGGER)

8分アニメだけどTRIGGERの良さをこれほどかというほど詰め込んだ作品。素晴らしい。監督はキルラキルで監督を務められた今石洋之。個人的にはアニメーター見本市で監督を務められていたSEX and VIOLENCE with MACHSPEEDが非常に好き。というか監督に限らず8分アニメなのにスタッフが異常に豪華。構成が非常に上手くて、終始笑っていられる設計になっている。ストーリー自体は作りようによっては重くもなりえるのにTRIGGER特有のコミカルさで明るく面白いつくりになっていて、非常に軽い気持ちで観る事が出来る。8分という短さもひとつの表現の形なんだなと思わせる作品。短時間アニメですし是非観てみてください。オススメの一作。

 

うさかめ (ミルパンセ)

OPめっちゃすこ。劣化版てーきゅうってそれ一番言われてるから。背景のパステル感とか色彩の柔らかさみたいなのは結構好きだけど、それが全く生かされてない作風とテンポ感。私は嫌いじゃないけどたぶん全く評価はされない。5分アニメは如何にインパクトと勢いで押すかが評価の分かれ目じゃないですかねえ。あとEDが突然実写のようなサムシングになって「やめて!!」って叫びました。以上。

 

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない (david production) 2話

1話に続き良いクオリティでした。蒸気からスタンドが練りあがる部分のエフェクトは凝っていて見ごたえがありましたね。第三部以前と異なり少し特異な色合いにも目が慣れ始め、意外としっくり来るなという印象。良かったです。

 

僕のヒーローアカデミア (ボンズ) 2話

相変わらずボンズだけあって作画は本当に素晴らしいですね。どのシーンを取っても絵になるのはすごい。今回も第一話に引き続き、しょうもないギャグで感動的なシーンのお茶を濁す場面が複数あり、そのあたりに言い知れない苛立ちを感じるが、そこは人それぞれかなと。感動的なシーン自体はかなり良い出来なので勿体無いと感じた。

 

うしおととら (MAPPA & studioVOLN) 2話

アツいなあ。うしとらを観てると中高生時代のアツいハートを取り戻せるような気がするんですが気のせいですかね。今回は特に、うしおが麻子を巻き込んでいるという自覚をすると共に一歩踏み出したり、真由子が決心をする回だったけど、その中にあるアツい部分をひとつひとつ丁寧に抽出して作画中や演出に込めているような印象だった。大変良い出来。

 

マクロスΔ (ビックウエスト) 2話

物語の構成は割りと陳腐だけど、演出が良い感じにアクセントになっていて「そういうつもりで作ってるんだ」と思わせられる。これまでのマクロスシリーズと違い、歌姫が複数名存在するので、BGMで流れる歌が結構重厚で好き。今回はヴァルキリー含む戦闘シーンがなかったけど、次回はヴァルキリー盛り沢山の内容になりそうなので期待しています。

 

ジョーカーゲーム (ProductionI.G) 2話

2話もやはり安定した作画。面白いところを魅せる構成も1話に引き続き見事だなあといいう感じ。まあ当然1話に比べたら滅茶苦茶に動くとか演出が非常にいいということはないけれど、それは当然の事であって素晴らしい事に変わりはない。安定した面白さがあって評価出来る作品。

 

くまみこ (キネマシトラス) 2話

1話に比べてちょっとテンポ感が上がったかな? 1話のような無駄な冗長さが抑えられて、いわゆるゆるふわになったように感じた。(たぶん気のせいだけど) 1話段階ではあまり言及しなかったけど、くまみこの柔らかさというかそういう部分は出せていて良いと思います。あとまちの可愛さ。日岡なつみさん適任すぎませんかねえ。めっちゃすこ。

 

学戦都市アスタリスク (A-1 Pictures) 14話

観終わった瞬間に「俺はこの30分をもっと有意義な事に使えたはずだ」って毎度思うんだけど一応と思って観ちゃうんだよなあ。A-1が作ってなかったら切ってたぞ。やっぱりある程度作画は安定してるけど、でもすごく良いって訳でもないので基本的に観なくて良い作品だと思います。ブヒりたい人はそのために観てって感じ。今回は綾斗がお姉さんへの手がかりを得るという、ある種ターニングポイントになりそうな回だったけど、あまり緊張感がない。デブが杉田の声っていうのもあると思う。とにかくあまり評価は出来ない。

 

クロムクロ (P.A.works) 2話

主人公の女の子が下唇を押し上げるような表情をよくするのが印象的。1話に引き続き良い出来だった。特に今回はムクロの稼動シーンが多く、面白い立ち回りを観ることが出来る。ムクロの人間らしい動き(巨大ロボらしからぬ滑らかで重心が意識された動き)や殺陣の組み方には拘りを感じる。物語の構成も殺陣の組み方も王道に沿いつつも若干のイレギュラーを入れる事で見ごたえと緊張感ある構成になっているように感じられた。あと背景めっちゃ書き込んでますね。敵のムクロが浮き上がっていく場面の雲の表現や、橋を背景に悠然と金色のムクロが行進する姿は見物。セリフ回しも説明的ではなく、徐々に背景関係や各々の感情が立ち表れてくる作りになっていて、観ていて違和感を感じない。素晴らしい!

 

キズナイーバー (TRIGGER) 2話

1話に続き気になる終わり方をする2話、やはり良い作品ですね。ストーリーラインとしても「大筋は予測できるが予測できない」部分が緊張感を常に維持してくれる。作画も、キルラキル然りカートゥーン的な表現とリアルな表現とがクロスしているような作風で、キルラキルよりもリアル寄りなテイストが新しくて観ていて楽しい。涙が頬に落ちる瞬間の一瞬光が入る効果もあまり観なかったので新しいなという感じ。少女が主人公と顔を接近させる場面が2人に対してあるけど、そこに主人公の顔に触れるものが涙と絆創膏という対比が置かれているのが印象的。素晴らしいです。

 

迷い家-マヨイガ- (diomedea) 2話

怖い描写が典型に則っていて面白い作品だなと感じます。主人公の独り言が多いのがちょっと気になるけど、これもひとつの伏線なんじゃないかと疑ってしまう作りなのも良いんじゃないかな。しかしやっぱりキャラが多い。それぞれのキャラを立たせているのは水島監督の手腕あってこそだろうけど、なかなか慣れるのには時間がかかりそう。(減っていくから大丈夫) あとdiomedeaさん、2話にして早速微妙な作画がチラホラ見受けられますが大丈夫ですか? 神経質になってしまっているだけだろうけどやっぱり不安。